加奈子の部屋へようこそ!

最近バイクの中でも特に人気が高まっている『クラシック』系バイク。

『ネオクラシック』という言葉も目にするようになりましたね。

今回は私の個人的感想もいれつつ(←)排気量ごとに人気クラシックバイクをご紹介したいと思います!

この記事書いた人↓

125ccクラス

125ccといえば車を持っている人は「ファミリーバイク特約」が適用できてお財布に優しい排気量クラスですね!

高速道路には乗れないデメリットを省けば経済的にも検討しやすいクラスといえます。

【ヤマハ】YB125SP

(出典:バイクブロス

現在販売は終了していますが、販売台数も多く良い状態の中古を手に入れることも可能と思われます。

中古相場としては25万~30万円程度の印象です。(2022.2時点/加奈子調べ)

特徴としては『ヤマハが中国で販売している』ということと

『SR400(ヤマハ)』に似ているといることがあげられます。

(SR400「YAMAHA公式HPより」)

クチコミを見た感想は

「見た目が良い」

「燃費も悪くない」

「中国製ということをふまえスペックも価格相応」

といった印象でした。

AJS】キャドウェル 125

(出典:バイクブロス

AJSというイギリスのメーカーのバイクです。

エンジンはヤマハのYBR125の搭載しているということで、同じく製造は中国のようです。

クチコミを見た感想は

「見た目がいい」

「軽い!」

「シートの硬さやヘッドライトの暗さなど気になる点は多々あるものの見た目でカバーできる(そういうものだと割り切る)」

といった印象でした。

250cc

【カワサキ】エストレヤ

(出典:バイクブロス

2017年モデルで生産終了していますが、女性からも人気が高いバイクです。

近年のバイク人気もあいまり、価格はうなぎのぼり

中古相場は60万円オーバーの印象です。(2022.2時点/加奈子調べ)

私が試乗した際も、小ぶりで乗ったときに足つきがよく乗りやすそうで人気が出るのも納得でした。

クチコミを見た感想は

「ゆっくりした乗り心地を味わえる」

という感想が非常に多かったです。

峠攻めではなく街乗り向き、スピード重視ではなく乗り心地や音など「ゆっくりバイクを走るのを楽しみたい方」向きのバイクだと思います!

【スズキ】ST250  E type

(出典:バイクブロス

クラシカルなフォルムで、比較的リーズナブルな価格で乗りやすいモデルとして開発されました。

高性能ではないものの、手軽に乗れて日常使用に適した乗りやすい仕様でその分カスタムしやすいモデルとも言えます。2017年に生産終了しています。

中古相場としては35万円程度の印象です。(2022.2時点/加奈子調べ)

クチコミを見た感想は

「比較的低めの値段で燃費良し」

の声が多く、初心者でも乗りやすいバイクかもしれませんね。

251cc以上

【ホンダ】GB350

(出典:ホンダHP

2021年の大ヒットモデルといえばこちら「GB350」です。

クラシカルなデザインの中にもスポーティーなマフラー。

私がバイク屋をめぐっているときに一番ビビットきたバイクの一つです。

見た目がドンピシャ

しかし納車が半年から1年待ちの人気ぶり!

しかも足つきちょんちょんすぎてお預けに…

GB35に搭載されるエンジンは空冷単気筒OHCで、最高出力は20PS。ホンダのレブル250の26PSより比較すると非力な値であることがわかります。

このためスポーツ性能やパワーよりか、やはり「乗り味」を重視したモデルともいえます。

【ヤマハ】SR400

前述したYB125SPのお兄さん的存在ともいえる、

発売から43年の歴史を刻むヤマハが誇る名車の一つ。

生産台数が多いこともあり手頃な値段で手に入るのも魅力でしたが、

2021年に生産中止が決定してしまいました。

佇まいが渋すぎます(出典:YAMAHA HP

幅広い年代、性別に合うバイクというのが、まさしくロングセラーの由縁なのかもしれないですね。

バイクとの出会いは運命

こうしてみると現在も人気のクラシックモデルは生産終了しているものも多く、必然的に中古ショップに並ぶことになってきます。

ネットで気に入ったものを探すこともできますが、足つきや乗った感覚など実際手に触れてみるのもバイク選びにおいて重要なことだと思います。

実際私も、またがってみると車高が高いものが多くて残念な思いをすることも多々ありました(;´・ω・)

バイク購入を検討されている方はぜひバイク屋さんに足を運んでみてお気に入りの1台を探してきてみてくださいね✨

次何に乗りたい?

バイク女子が乗りたいバイク紹介動画です。よければご覧ください☺


5+