こんにちは加奈子です!

街中を走っているとたまに見かけるタンデムバイク(バイクの2人乗り)♪(*’▽’)

なんか微笑ましいな~と思いつつも「ちょっと待って?!」と目を疑ってしまうようなケースもあります(;´・ω・)

また相手の方にタンデムデートを誘われたけどバイク乗ったことないし何から準備したらいいかわからない!という方のために

今回はタンデムするときの注意点やポイントをご紹介したいと思います!(※女性が後ろに乗ること想定しています)

こんな方に向けた記事です☟

・普段自分はバイクに乗らないけど、タンデムに誘われた

・服装や準備は何をしたらいいかわからない女子





最低限必要なもの

ヘルメット

大前提としてヘルメットがないとバイクに乗れません!(笑)

急遽ヘルメットが必要になった、困った!というときは

ホームセンターなんかでもヘルメットが売ってあったりします(;’∀’)

ただしデザインも限られるしなによりヘルメットは安全性が大事です!

継続的にタンデムするのであればバイクショップに行ってかわいいヘルメットを探しに行きましょう♪



極力準備したいもの

手袋(グローブ)

冬場のバイクは想像以上に寒いです。

外を歩いているときの何倍もの風を切って走ります。

特に手は手袋がないとちぎれそうなくらい冷たくなります!

『しかしバイク用のグローブは高価…』

ピンキリですが人気メーカーのグローブだと1万円前後だったりバイク用のグローブは高価なイメージが強いです(;^ω^)

普段バイクに乗らない方は専用の手袋まで買うのは負担になりますので、最低限普段使いしているものを持っていきましょう。

望ましい服装

タンデムに限らず、バイクに乗るときに望ましいのは

ズボン!運動靴!

※プロテクターがあればなおよし!

逆に言うとNGな恰好は

・露出の多い服

事故に遭ったとき、生身の場合はケガを防ぐことはできません。

・ひらひらした服

バイクは風の抵抗をもろに受けるので、ひらひらしたものや長い裾のものは風でばっさばさになってしまいます。

パンプス、ミュールなど

脱げやすい靴、肌が見える靴は安全を考慮すると好ましくありません。

特にバイクでの事故は生身に大きな衝撃を受けるので服装は特に気を付けてくださいね!

あと寒い時期に注意なのは、上着問題です!

しつこいですがバイク走行中は普段考えられないほど風を切って走ることになります!!

コートなど風を通すものではなく、ダウンジャケットなどをオススメします。

タンデムする時に必要なグッズが買えるお店

今やネットでも購入できる時代ですが、やはりヘルメットやジャケットなどは一度直接合わせてサイズ感を確認されることをオススメします。

2りんかん

全国各地にあるバイクショップ。品ぞろえも豊富で価格もお手頃な物も多いです。

→2りんかんHP

私もヘルメットは2りんかんで購入しましたが、サイズ確認のための頭の長さ測定やヘルメットの中敷きの調整等無料でしてくれました!

ワークマン

今や知名度急上昇のワークマンですが、バイクウェアにオススメな商品も取りそろえ豊富です!

防風・防寒・防水など機能性抜群なのに低コストで揃えることができます✨

デザインがおしゃれなものも多いので、オススメです!

→ワークマンHP

☟街でおでかけしても浮かないワークマンコーデをご紹介しています

あればさらにタンデムが楽しくなるアイテム

インカム

ヘルメットについた白いのがインカム

インカムがあればバイク走行中でもタンデムの相手と会話をすることができます!(インカムをつけるヘルメットはフルフェイスを推奨)

ツーリング時間が長いほど、せっかくならその間も会話を楽しみたいですよね!

コスパ良しなインカムならDAYTONAをオススメしています、気になる方はこちらの記事をご参考ください^^

楽しく安全にタンデム楽しみましょう!

バイクは生身で乗るものなので安全な服装や装備をすることが大事です。

以前タンデムデートしていた若者を見かけましたが男の子が運転、女の子が後ろに乗っていました。なんとその女の子はスカート、半袖だったのでびっくりしました。(゚Д゚;)

 『そんな恰好で乗せたらあかんし、乗ったらアカンーー!!!』

老婆心ながら追いかけてそう言ってあげたかったです。←

バイクは1人でも楽しいですが、タンデムもさらに楽しいです。

これからタンデムツーリングされるかたはきちんと準備して楽しい時間を過ごしてきてくださいね♪(=゚ω゚)ノ


7+