こんにちは、加奈子です!

普段バイク動画をGoProで撮影するのが趣味なわたしですが、ここ最近悩まされていたのが動画の白ボケ

なんだか景色が白い感じ。

加奈子
加奈子

せっかくの綺麗な景色を撮影できなかったら高性能カメラの意味がないっ(泣)

出先の綺麗な風景をおさめようとせっかくカメラを持って行ったのに、綺麗に撮影されていないとへこみますよね…(´;ω;`)

しかしながらGoProは特別なテクニックがなくても普通に綺麗に撮れるのです。

おそらく私の場合、いろいろ設定を見ている間に設定が変わってしまった可能性が高いと気づき、とある設定を変えてみたら白ボケが改善されました!

そんなわけで今回は私の改善方法を主に白ボケの原因と対策方法をご紹介していきます。

シロボケの原因

様々な要因が考えられますが、可能性を何点か上げていきます

カメラが上を向いている

無意識に上向きにして太陽光を受けている場合があります

レンズ部分が曇っている

レンズが汚れていると映像にも影響してしまいます

設定の問題

GoProは手動でカラーやISOの設定ができますが、こちらの設定が適正でないと綺麗にとれない場合があります。私の場合はこちらが原因でした!

それでは設定の問題を深堀していきます。

設定項目「Protune」とは

手動でカラーやISOの設定等細かく変えられるのが「Protune」です。

2段目真ん中がProtune

設定画面でProtuneをオンにします。

映像の色味や光の量を変えたり自分好みの設定に変えることができます。

いろんな設定項目がでてきた!

私は興味本位でいろいろいじった後に、おそらくどこかの数値がおかしくなったと思われます。

Protuneをオフにしたらシロボケが解消されて、普通にきれいな映像を撮ることができるようになりました。

Go Proは基本設定のままでも環境に応じたカメラ設定で撮影をする事ができるので、基本は何も変更しなくて良いでしょう。

映像が綺麗に撮影できない場合は一度設定を見直してみるのも一つの方法だと思います。

Goproの設定ができれば撮影の幅も広がる

いろんな撮影が楽しめるGopro。

たまにはいろんな設定を変えて撮影を楽しんでみたいものですね✨

万一の時は設定をオフにすればもとに戻りますので(笑)冒険してみましょう🎵😆

そんな私の動画はこちらから☆


5+