加奈子の部屋へようこそ♪

バイクに乗りながらツーリング仲間と話したり、音楽を聴いたりしたいとき、便利なのがインカムです。

インカムは高いものは5、6万ほどするものもあり、なにを重視するかによっても選び方は変わってきます。

『できれば1万円台で抑えたいけど、品質が悪くてすぐに壊れたりするものは嫌』

『インカムも種類多いし何を選んだらいいのかわからない…』

という方にはぜひ安くて品質の良いDAYTONA(デイトナ)のインカムをお勧めしたいです✨

DAYTONAの中でも3種類インカムが出ており、それぞれ特徴をあげながらご紹介したいと思います✨

DAYTONA インカム特徴

とにかく費用を抑えたい!最低限のインカムで大丈夫!→DT-E1

より高性能に、使いやすいインカムが良い→DT-01

ソロツーで音楽だけきければ充分→DT-KIKUDAKE

インカムを使うメリット

まずインカムを使うメリットを何点かふれておきたいと思います。

ツーリング仲間と会話ができる

インカムといえば会話する目的で購入される方が多いのではないでしょうか。機種により繋がる距離やグループの人数が変わってくるので、インカム選びのポイントとなります。

音楽が聴ける

スマホにいれている曲を再生すると、ブルートゥース機能でインカムから聞くことができます。後述しますがDT-01はヘルメットに振動を与えることによって選曲したり感覚的操作ができます。

(音声)ナビにもなる

スマホと連携していたらナビも音声で入ってくるので、スマホ画面を見なくても音で行く方向を確認することができます。

私はスマホホルダーがない時に助かりました。

DAYTONAの評価

お手頃な値段設定

インカムでメジャーである他社製品と比較しても手ごろな値段設定である。

また2個1セットで売られているものの方が若干割安になるので、一緒に使われる方がいる場合はセットで購入することをオススメします!

・DT-E1 …1個¥18,700(税込み) 2個セット¥36,300(税込み)
→¥1,100お得✨

・DT-01…1個¥26,400(税込み) 2個セット¥51,700(税込み)

→¥1,100お得✨

必要な機能は充分備わっている

ペアリング可能はもちろん、スマホと連携して音楽が聴ける、電話の着信・通話も可能、手袋をしていても操作がしやすい作り。
防水機能もあるので、雨の中走行しても心配ありません!

デザインがかっこいい

シンプルでヘルメットに馴染む形がかっこいい。カスタムも可能。

長時間使用可能

1度充電しておけば(KIKUDAKEは乾電池式)1日ツーリングで使用しても余裕の耐久力です。

その① DT-E1

『最近インカムが気になるあなたに』

というキャッチコピーにふさわしい1台です。

メーカー希望販売価格 1個¥18,700(税込み)

<特徴>

4人までグループトーク可能

他社インカムと接続可能

他社インターコムと接続可能ですが、他社の場合1対1の通話となります。また他社製品によっては連携できないものもあるので、購入前にご確認ください!

連続最大通話時間 約12時間(充電式)

ブルートゥース機能で携帯と接続!電話や音楽が連動可能

こんな方におススメ

・初めてのインカム

・最低限の機能があれば充分、なるべく安く欲しい

その② DT-01

DT-E1より約8,000円程お高くなるお兄さん的商品がDT-01です。

メーカー希望販売価格 ¥26,400(税込み)

Gセンサー搭載

Gセンサー → ヘルメットを叩いて特定の機能を作動させる。操作ボタンを押さなくても、デバイスやヘルメットを叩くだけで電話の受話、終話、音楽の再生、停止などが可能。

ちなみに私はこちらのDT-01を使用しているのですが、Gセンサーは結構重宝しています☺

感覚的な操作ができるのがかっこいいと思います(*’ω’*)

カスタムパーツがある

インカムボディーのパネルの着せ替えが9色あるので、バイクやヘルメットの色に合わせてコーディネートすることもできます!

(引用:デイトナHP)

ちなみにこのカスタムパーツ、取り外しがめちゃくちゃ簡単です。

私は白のカスタムをもっているのですが、不器用な私でもワンッチで取外し可能なので気分に合わせて着替えさせています✨

簡単に取り外せる!

カスタムパーツはこちらから☟

こんな方におススメ

・快適な操作性のあるインカムが良い

・カスタムしてバイクやヘルメットとコーディネートしたい

DT-01とDT-E1の違い

DT-01とDT-E1は基本的な性能は同じですが、若干の違いがあります。

以下が2つの機種の差を取り上げた違いです。

 DT-01DT-E1
最大同時通話人数6人4人
Gセンサー搭載非搭載
フェイスプレートの交換不可
メーカー希望販売価格¥26,400¥18,700

その他通信可能距離 DT-01は約1,000m、DT-E1は約800mの差がありますが、この程度の差ならツーリング中はそこまで大きな差ではないかもしれません。

普段から一緒にツーリングされる方が多い場合はDT-01をおすすめします。

その③ DT-KIKUDAKE

ラジオや音楽、ナビ音声、レーダー警告音などを聴くだけのソロツーリング専用モデル。

FMラジオがきける

乾電池式で約12時間使用可能

その他防水機能、スマホ接続可能!

一人で音楽を聞くことに特化されたモデルです!

まとめ

とにかく費用を抑えたい!最低限のインカムで大丈夫!→DT-E1

より高性能に、使いやすいインカムが良い→DT-01

ソロツーで音楽だけきければ充分→DT-KIKUDAKE

という選び方ができると思います。

自分に合ったインカムを装備して、より素敵なバイクライフを過ごせますように🎵


5+